Wikipediaを本にするサービスPediaPress 知的でおしゃれな自分を演出

pediapress11
PediaPressはWikipediaから、自分が興味のある記事を本にまとめてくれるサービスです。

Wikipediaを本にするサービスはこれまでも無かったわけではないが、あまり使いやすいものがなかった。PediaPressはウィキメディア財団によって運営されるサービスで、自分の好きな記事だけをピックアップして、並べ替えも可能。自分が編集者になって自分の好きな項目だけをまとめた本を作ることができる。

PediaPressでは自分で作るオリジナル本に加えて、あらかじめ用意された既製本がある。本屋ではなかなか見つけられないようなジャンルの本もあるでしょう。

オリジナル本を作るにはウィキペディアでブッククリエイターをオンにして、ページ上に現れる「Add this page to your book」というリンクをクリックすればよい。コンテンツを選択したら「Manage A book」ページに行って、コンテンツのソートやチャプター分けなどの作業をする。作業を終えるとPediaPressに飛ぶので、そこでカバーのデザインをして購入をする。大きさは8.5インチ×5.5インチ(21cm×14cm:ほぼA5)、カバーはカラー印刷、ページは白黒。価格は100ページ/8.9ドルからスタートで、ボリュームによって追加料金が発生するシステム。

なにか調べようと思ったらウィキペディアを見ればまず見つかりますよね。とにかくなにか興味のあることがあれば、Wikipediaで調べて本にしてはいかがでしょうか。1冊に項目を複数まとめても良いと思います。自分の書庫にオリジナルの本が並ぶのもなかなかおしゃれな趣味ではないでしょうか。PediaPress



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。