リンクシェアのアフィリエイトはダントツで使いにくいクソ仕様

リンクシェアのアフィリエイトはダントツで使いにくいクソ仕様
リンクシェアのアフィリエイトはダントツで使いにくいクソ仕様

いくつかアフィリエイトサービスを利用しているが、その中でもリンクシェアはダントツで使いにくい。そして売り上げも少ないから無理して使わなくて良いと思う。

僕がリンクシェアのアフィリエイトで主に使っている某量販店を例に出して説明したい。

検索結果へのリンクが作れない

Amazon、楽天、バリューコマース(主にヤフーショッピング)は検索結果へのアフィリンク作成が可能。それ以外にもあらゆるページへアフィリンクを作ることができる。

しかしリンクシェアは検索結果へのアフィリエイトリンクが作成できない。

しかもリンクシェアのたちが悪いのはリンク作成ができないページのURLをリンク作成画面のURL欄にコピペしても、機能しないアフィリンクが作成され画面上に表示されてしまうのである。

そのリンクを実際にクリックして確認してみると検索結果は表示されず検索エラー画面になるのだ。

リンクシェアを使い始めた頃はこのことを知らなかったので、まともに機能していないアフィリンクを大量に作ってしまっていた。

スポンサーリンク

個別商品かメニューからたどった一覧にしかリンクが作れない

例えばプラモデルという商品一覧にアフィリンクを貼りたいとしても、そのサイトでプラモデルと検索して表示された検索結果ページのアフィリンクは作れない。

メニューをたどってプラモデル一覧を見つけてそのURLでアフィリンクを作る必要がある。はっきりいって面倒くさすぎる。

しかもメニューからたどった一覧ページでも新着順などにソートをしてしまうともうそのページへのリンクを作ることはできない。

リンクシェアで間違いなく安心してリンクを貼れるのは商品個別ページだけ。

間違ったURLでもアフィリンクが表示されてしまう

リンクシェアは間違えて他社のURLをリンク作成画面のURL欄にコピペしても画面上ではアフィリンクが作成されてしまう

このリンクはもちろん機能しないのだが、気づかないで自分のブログに貼ってしまう可能性がある。

楽天だと他社のリンクを貼ると警告が出てリンクは作成されないし、Amazonはリンク作成を今見ている画面で行うから間違えようがない。

リンクシェアは売り上げも極端に少ない

リンクシェアはAmazonや楽天に比べるとクリック数に対して売り上げ件数が極端に少ない。

個人的な推測だがユーザーが個別商品のリンクをクリックして、そのままその商品が売れた場合のみ売り上げをカウントしているのではないかと思う。

実際はそうじゃないかもしれないが、リンクシェアのクリック数に対しての売り上げ件数が極端に少ないというのは少なくとも僕のブログでは紛れもない事実。

リンクシェアのアフィリエイトについての結論

リンクシェアのアフィリエイトは無理して使う必要はない。リンク作成に手間がかかるにもかかわらず売り上げが少ないので割に合わない。

アフィリエイトの王道はやはりAmazonでその次が楽天。これからアフィリエイトを始める人はまずなんとしてもAmazonの審査合格を目指そう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

アフィリエイトカテゴリの最新記事